★ショートストーリー.ハロウィンver.vol1★

こんちー、なぎさです。

 

出勤してまず最初にする業務ってなに?

 

なぎのとこはね、勤怠登録なんよ。

社員全員に配布されてるPCに勤怠用のアプリがダウンロードされているのです。

だからまずオフィスに来たら勤怠アプリを立ち上げて、出勤報告。

 

少し肌寒くなって来た10月のある日、未だクーラーが入っている事務所にうんざりしながら勤怠アプリを立ち上げると、普段と違う表記が画面に現れました。

 

Trick or Treat★

 

隣席の先輩「ちょw何この粋な計らい。季節感あるわー」

なぎ「ねー、かぼちゃかわいい〜」

本当にかわいいかぼちゃのデザインがtrick or treat の文字を囲んでたんです。

 

デコレーションが違うだけでアプリの機能自体は普段と同じでしたから、その日も出勤時間を入力して、なぎはいつも通り仕事をしました。

 

〜また数日後〜

先輩「最近かぼちゃうざくない?」

なぎには何のことかすぐに分かりました。

勤怠アプリに出てくるかぼちゃのことです。

先輩が言うことはごもっともで、最初はあんなに小さくて可愛らしかったかぼちゃたちが、日が経つにつれ肥大化して数を増やし、入力画面を邪魔するようになって来たのです。

なんだか表情も邪悪になってきました。

 

とはいえ出勤登録しないと出勤とみなされない、延いては有給が勝手に消化されてしまう!

従業員たちは存在が大きくなっていくかぼちゃの隙間から、必死に入力欄を探すのでした。

 

先輩「そもそも誰がしてんの?システム部?」

ピコーン

軽やかな音がメールの着信を知らせます。先輩のPC画面にも同様のメール着信アナウンスが出たのが、なぎには見えました。

どうやら全社員宛のメールです。

 

「各位

 

近日の勤怠アプリの変更はシステム部によるものではありません。

変更を加えた方は速やかに初期設定へ戻すよう勧告致します。

 

システム部 部長」

 

なぎ「つまり、これは一従業員の個人的なイタズラというわけね…!」

 

名探偵なぎさの血が騒ぎます。

 

TO BE CONTINUED…

続くよ!笑

 

www.naginagino10.com

 

reaching for Halloween...