『雲上雲下』 朝井まかて|大人のためのファンタジー

こんちーなぎさです。

朝井まかてさんの「雲上雲下」を読みました。

物語ノ終ワリトハジマリ

子狐に山姥、乙姫に天人、そして龍の子。 民話の主人公たちが笑い、苦悩し、闘う。 不思議で懐かしい、大人のためのファンタジー。

Amazonより

昔話自体が舞台

どっぷり物語に浸るストーリーでした…!

言い伝えや昔話が好きな人には堪らない物語だと思う。

色々な昔話や伝承が出てきて、それらが関わり合ってまた新しい物語を紡いでいきます。

人は物語がないと生きていけない

物語は永遠なのだ!いつの時代も形を変えて、身近なところに息づいている。

物語がないと人間は生きていけない。

学ぶこともできない。

体験できないことも物語が教えてくれる。

物語は「人の気持ち」を教えてくれるし、希望を得たこともあったし、非情や哀しみの世界を知ることもあった。

やっぱり物語はいいなぁって。

あなたの身近にも物語はたくさん!

漫画、ゲーム、ドラマ、映画、などなど。ね?身近なものでしょう?

そして私たち自身の日常も、生活も、人生も、物語なのだ!!

私は小説を通じて物語を体験するのが好きなんだけどね、何を通すかは人それぞれだと思う。

雲上雲下 [ 朝井まかて ]

created by Rinker
¥1,870 (2019/10/18 11:27:34時点 楽天市場調べ-詳細)

昔話に詳しくない人でも大丈夫、読み終わったらほんのり心が暖かくなります。

ほんじゃね!

▼関連記事

おすすめのファンタジー小説一覧です。子供も大人も楽しめるのが、ファンタジーのいいところ。