澤村伊智『ぼきわんが、来る』2015年日本ホラー小説大賞受賞作

こんにちは、なぎさです。

本日は澤村伊智 さん著作、「ぼぎわんが、来る」をご紹介します。

2015年の日本ホラー小説大賞受賞作です。

あらすじ

妻と一人娘と暮らす田原は「イクメン」に邁進する今日この頃。

そんな幸せな日常に気配をにじませ始めたのは、子供のころに知った妖怪「ぼぎわん」。

田原は妖怪から家族を守ることができるのか―。

狙われるのは「心の隙間」

王道ホラーです。人外の妖怪が出てきます。

映画でも小説でもホラーものを読むと「私が狙われない理由」を探してしまうよね。

だって「私は大丈夫」って思いたいじゃん。

本作に関して「ぼぎわん」に狙われる理由は「心の隙間」。

具体的にどういうことかって?それは読んでみんしゃい!!

とりあえず「えっ、無理やん、狙われるやん🤣」て思うよ。

隙間ない人間なんていないよ。

だからって常に隙間ないパーフェクトな心持ちでいたらいいのかっていうとそうでもなく。

隙間を抱えてこその葛藤や涙も含めて生きる醍醐味だよなぁ、てなぎも思うよ。

誰もが抱える隙間だけど、拗らせたりタイミングが悪かったりすると恐ろしいモノに取り憑かれてしまう。

もしくは私自身が恐ろしいモノになるか…

度肝を抜くストーリー展開

本作は3章に分かれています。

1章のイクメンパパが得体の知れない存在に怯えつつ追い詰められていくの、はらはらして面白い。

1章終わりのどんでん返しも怖い!でもそれがいい!!!

2018年映画化。岡田准一主演

ちなみに2018年12月、「来る」というタイトルで映画化されてるよ。

映画オリジナルのシーンもあるみたい。

主演は岡田准一さん!

気になったら読んでみてね★

ぼぎわんが、来る [ 澤村伊智 ]

created by Rinker
¥1,760 (2019/10/18 11:23:33時点 楽天市場調べ-詳細)

ほんじゃねー

▼関連記事

本記事では独断と偏見によるおすすめホラー小説をご紹介します。ほんのりホラーから猟奇ものまでご堪能下さい。