★伝記『スティーブ・ジョブズ』~会社は利益のためならず~★

こんちー、なぎさです。

 

スティーブ・ジョブスの伝記を読みました。

上下巻に分かれています。

 

モノづくりに携わる人は読んでみるといい。情熱に圧倒される。感動する。

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I 著者: ウォルター・アイザックソン

未来を創った、今世紀を代表する経営者スティーブ・ジョブズのすべてを描き切った文字どおり、最初で最後の一冊!! 本書を読まずして、アップルもITも経営も、そして、未来も語ることはできない。アップル創設の経緯から、iPhone iPadの誕生秘話、そして引退まで、スティーブ・ジョブズ自身がすべてを明らかに。本人が取材に全面協力したからこそ書けた、唯一無二の記録。 伝説のプレゼンテーションから、経営の極意まで、ジョブズの思考がたっぷり詰まった内容。ビジネス書、経営書としても他の類書を圧倒する内容。 約3年にわたり、のべ数十時間にもおよぶ徹底した本人や家族へのインタビュー。未公開の家族写真なども世界初公開。 ライバルだったビル・ゲイツをはじめ、アル・ゴア、ルパート・マードック、スティーブ・ウォズニアック、そして後継者のティム・クック…世界的に著名なジョブズの関係者百数十名へのインタビュー、コメントも豊富に。まさに超豪華な評伝。

 

 概要

ジョブズから著者のアイザックソンへ「伝記を書いて欲しい」という依頼があり、このコンテンツは実現しました。

 

著者のアイザックソン『ベンジャミン・フランクリン伝』『アインシュタイン伝』等の伝記ですでに実績があったため、ジョブズは彼に依頼した模様。

 

ガン発覚の後、「このまま死んでしまうと俺を題材に好き勝手書いたコンテンツがたくさん出るに違いない」ということでジョブズは伝記依頼を決意。

かといって「社長賛美」みたいな内容も嫌だったみたいで、「いいことも悪いことも、ありのまま書いて欲しい」という注文を出します。

注文通り、ジョブズの悪いところも正直に描かれています。

 

この一冊のお陰でこれを超えるジョブズ伝記はそうそうでないやろで、またもや世界はジョブズの思惑通りだね。

 

スティーブ・ジョブズはどんな人?

皆さまご存知の通り、天才です。でも人格者ではない。

相当わがままで感情的で口も悪い。

一緒に働くのは嫌かな…でも友達になってみたいような何とも抗えない魅力もある。

 

「金の亡者」「ずる賢い」みたいな印象を持たれがちだけど、そんなことないと思う。

むしろ「いい製品を作りたい」という気持ちにめちゃめちゃ忠実な人だと思う。

全ての判断基準は利益より製品だったみたい。

 

感情のコントロールも下手くそだったみたい。

「交渉がうまい」というより「感情のごり押し!」という印象を受けたよ!笑

熱すぎる説得熱で相手を説き伏せる、みたいな。

 

Appleはどんな会社?

ジョブズありきの会社と思われがちだけでどそんなことはない。

彼を支える魅力的な人格者がたくさんいます。

中でもウォズニアックは魅力的だね~♡(天才エンジニアでPCを作った人だよ)

元々エンジニア業界では知られた人みたいだけど、本作を読む人が増えればその分ウォズファンも増えると思う 笑

最後までジョブズとウォズは交流があって、安心した。

 

洗練されたデザインもジョブズが発案した訳じゃない、もちろん関わってはいるけど。

ちゃんとデザインの担当者がいるんやで。

だからこれからもAppleは洗練されたデザインを作り続けてくれると思う。

 

でもやっぱりジョブズがいなければAppleはここまで成功しなかったねぇ。

ジョブズはAppleのマインドだと思う。

彼の情熱がエンジニアもデザイナーも、後継者となる優れた経営者をも集めた。

 

やっぱり「会社」は「気持ち」ありきなんだなぁって。

利益追求だけじゃだめなんだなぁって。

 

こんな人は読んでみて!

ジョブズのこと、計算高くて冷徹な天才だと思ってる人!

目からうろこやで、読んでみて

 

そしてこれから会社を起こそうと思っている人!

なぜ会社を営むのか、心構えの部分はとても参考になると思う。

 

そしてすべての会社員よ!

「なぜ働くのか」、本書を読んで考え直して、明日からの出勤に活を入れよう。

 

ほんじゃぁね!

 

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I

  • 作者: ウォルター・アイザックソン
  • 発売日: 2012/09/28
  • メディア: Kindle版
 
スティーブ・ジョブズ II

スティーブ・ジョブズ II

  • 作者: ウォルター・アイザックソン
  • 発売日: 2012/09/28
  • メディア: Kindle版
 

 

 

スポンサーリンク
WPその1
WPその1