2018年実写映画化小説3選★映画もいいけど原作で世界観にどっぷり浸ろう 

こんちー、なぎさです。

独断と偏見によるおすすめ小説シリーズ第二弾、題して

2018年に映画化されたおすすめ小説【おもしろいからすぐ読み終わっちゃうよ!】

今回は3作品ご紹介!原作も映画も楽しんじゃおうね★

 娼年 石田衣良 著

副題で『call boy』と記載がある通り、売春をする少年が主人公です。

身を売る心すさんだ少年・・・などという物語ではなく、空っぽの生活をしていた若者が顧客(年上マダム♡)との性行為を通じて、自己発見・自己肯定をしていく、という話です。

売春自体は前向きなイメージで描かれとるね。

それに読み手のこちらも、男女の行為がもたらす効果というか、必要性というか、そういうのを再認識する話でしたわ!

もちろん性描写多いしエロイわ!

映画化 松坂桃李 主演

娼年

で、こんなエロい小説が映像化されたわけですよ(R18+)

主演は松坂桃李さん!いい配役っすね!

女優陣(顧客のマダムたち)は上記画像から詳細を確認してくれい。

家族で観ちゃダメ、恋人や夫婦と観るんだぞ💛

小説の詳細はこちらの記事も見てなあ★

石田衣良『娼年』あらすじと感想、ネタバレ注意!

『羊と鋼の森 』 宮下奈都 著

ピアノの仕組みってね、羊の毛で作られたハンマーが弦(鋼)を叩くんだって!知ってた??

そう、この小説はピアノ調律師が主人公なのです。

やわらかーい、やさしーい雰囲気の物語でね。

敢えてひらがな多めの文章もそのためかな?

調律師も調律の依頼主もピアノと向き合ってる。

でも結果的には人と向き合ってる。ピアノが人を繋いでる。

疲れて怯えて傷つきたくない人、この小説読みんしゃい。

宮下さんの物語は大丈夫よ。ズタボロの心を優しく包んでくれる。

無垢で真摯な調律師が救うのはピアノだけじゃない、人の心も救うんやでえ。

映画化 山崎賢人 主演

山崎賢人さんの端正な顔立ちが原作通りの真摯な印象を与えますね・・・

とかそれっぽいこと言ったけど映画は観てないねんごめん!!

原作が素敵なのでストーリーは問題ナッシングだと思うよ!

原作の世界観が引き継がれていますように!

ヤマサキさんの「サキ」が「」なのか「」なのか、いつも迷っちゃう問題!(映画関係ないし)

『羊と鋼の森』宮下奈都 著★一人の調律師の成長ストーリーが紡ぐ、どこまでも優しい物語

『空飛ぶタイヤ』 池井戸潤 著

「倍返し」以降、映像化をぶいぶい言わせている池井戸さんの著作がとうとう映画化です。

今回は運送会社を営む中小企業の社長さんが主人公です。

死亡者を出した悲惨な事故、タイヤが外れてしまったのは運送会社それとも車メーカーの過失か。

大手車メーカーの圧力と策略に押され、一切の責任を負わされそうになる運送会社。

世間からの風当たりも強い。

会社存続を諦めない社長の必死の調査は間に合うのか?!

今回も胸が熱くなる、働く人の熱意・願い・夢が詰まった物語です。

会社員してる人は池井戸さんの作品絶対楽しめる。なんならもう泣けるし

「あっしも仕事がんばるんじゃー!!!」てなる。

ちなみにこちらの作品、実際にあった某車メーカーのリコール隠しがモデルになっているらしい・・・

『空飛ぶタイヤ』池井戸潤 著★真実を追求した中小企業社長★三菱リコールがモデル

映画化 長瀬智也 主演

池井戸さんの作品は実写化と相性いいよね!

原作と同じテンションで映画やドラマも泣ける。

どうしてもおじさまがメインキャストになるで、実力ある俳優陣で固めることになるからかな?

若い子でないのにヒットする映像化ってすごいやん!

実は10年前にも実写化 仲村トオル 主演

平成21年ごろ(つまり2009年ごろ)にも実写化されておりました。

こちらはスペシャルドラマのようです。ちなみに小説の発売は2009年だよう。

空飛ぶタイヤ DVD BOX(3枚組)

原作読んで、映画も観て二度楽しめる

映画化のいいところは同じ物語を違う風味で楽しめるというところ!

昨日のカレーを今日はスープやカレーうどんにして食べる、みたいな(え、違う?)

「映画は観た!」という人は是非原作もご覧よ!

映画は時間制限あるけど、小説はそういうのないで、映画では語り切れなかったところまで深堀した物語になってるぜ?★

今年はどんな作品が映画化なるやろね?

ほんじゃね!

スポンサーリンク
WPその1
WPその1