『七つの会議』池井戸潤 著★2019年2月映画化!「不正」をテーマに会社員の苦悩と戦いを描く

こんちー、なぎさです。

今日は池井戸潤 著、『七つの会議』をご紹介させてください。

あらすじ

 都内にある中堅メーカー・東京建電。営業一課の万年係長・八角はどこの会社にもいる、所謂”ぐうたら社員”。トップセールスマンである課長の坂戸からはその怠惰ぶりを叱責されるが、ノルマも最低限しか果たさず、定例の営業会議では傍観しているのみ。

絶対的な存在の営業部長・北川が進める結果主義の方針の元で部員が寝る間を惜しんで働く中、一人飄々と日々を送っていた。

ある日突然、社内で起こった坂戸のパワハラ騒動。そして、下された異動処分。訴えた当事者は年上の部下、八角だった。北川の信頼も厚いエース・坂戸に対するパワハラ委員会の不可解な裁定に揺れる社員たち。

そんな中、万年二番手に甘んじてきた原島万二が新課長として着任する。会社の”顔”である一課で、成績を上げられず場違いにすら感じる原島。

誰しもが経験するサラリーマンとしての戦いと葛藤。

だが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた……。

映画『七つの会議』公式サイトより

なぜ「不正」を選択してしまったのか、苦悩と心理背景を描く

この作品は八つの連続短編から成り立っています。(えっ七つじゃないん?って思ったやろ??書籍化に伴い1話加筆したらしいで)

それぞれの短編で語り部が変わる、群像劇なのです。

短編とは言え、繋がっています。全編読むと東京建電が隠していた不正、それを黙認していた組織の闇が分かります。

てかね、普通に長編小説として楽しんだわ!

なぎはね、池井戸さん作品の中でも、この著作、かなり好き!!!

池井戸さん作品にしては珍しく、悪者が悪者で終わらない。

いつもは極悪人の支店長とか、金と権力の盲者・融資担当とか、そんな絶対悪がおるやん?

本作でも不正する奴はおるねんけど、「可哀そうやな奴」ってちょっと同情しちゃう。

なぜ「不正」を選択してしまったのか、という点にフォーカスされていまして、

その理由がパーソナルなコンプレックスに紐付いていたりして、

会社って個人の集まり、心をもった人間の集まりで動いてるんや、っていうのを感じる物語でした。

会社員してる人は共感しゃうよ!

「理論」が真理とされる会社組織の中で結局個人の思惑が先行している矛盾さ。

感情を割り切って理論だけで回そうとするのが間違えてると思うんやけど、まあこの件はまた別の記事で。

そんな「人間としての会社員」にフォーカスした本作、読み終わった後、あなたはきっと自問するでしょう

自分は「正しい」を選択できているだろうか?

選択し続けられるだろうか?

それとも、すでに間違えた方選択しちゃった?ふふ★

池井戸作品読んだあとはいつも言ってるけど、

働くってカッコいい!!!

「会社員疲れた、もう嫌んゴ」って言ってるそこの新入社員諸君!

池井戸作品読みんしゃい!!!

2019年2月に映画公開 野村萬斎 主演

七つの会議 (集英社文庫)

2月に映画化されてましたわ!

主演は野村萬斎。2019年4月現在、公開中の劇場もあるよ!

野村萬斎のイメージは『ラストサムライ』『陰陽師』で止まってたからワイルドな髭面にびっくり

池井戸作品、実写化あるあるやけど、実力派おじさま俳優たちがずらりやで

これは見応えありそう(まだ観てない)

詳細は公式サイトをチェキ★

ほんじゃあね!

スポンサーリンク
WPその1
WPその1