『発現』阿部智里 著作★日常に突如発現した恐怖

こんちー、なぎさです。

今日は 阿部智里著、『発現』をご紹介させてください。


あらすじ

平成と昭和、二つの時代で起こった不可解な事件。

真相に近づこうとする者たちをあざ笑うかのように謎は深まり、ほの暗い闇がひたひたと迫りくる。

運命に導かれるようにしてたどり着いた先は、光明か絶望か。

NHK出版より

本作はホラーです!

ホラー読みたい人、集まれっ!

だって怖かった・・・(´Д⊂グスン

怖いホラー、ってつまりは名作だよね?

ある日突然、日常生活の中にぬるっと現れる恐怖、って感じ。

でもその現れる恐怖の存在感が半端ないの。

さらに嫌なのが「いつ現れるか分からない」って怖がりながら過ごさなきゃいけないこと

そこで主人公たちも理由を探しに行く訳ですよ、なぜこの現象が突如発現するようになったのか・・・

バッドエンドではないから、そこは安心して読んで欲しい

物語の舞台は昭和と平成

だもんで、昭和と平成を行ったり来たりします。

令和に切り替わる今の時期にぴったりの舞台じゃない?ふふふ

昭和は昭和でも、戦時と戦後直後の話。戦争のむごい話、がっつり出てきます。

令和世代は、こうやって物語を通じて戦争を知っていくんやろうか。

って、平成世代のうちらも伝聞でしか戦争を知らないけれど

ほんじゃあね!