真藤順丈『宝島』2018年下期 直木賞|うちなんちゅ魂の物語

こんにちは、なぎさです。

本日は真藤順丈さん著作『宝島』をご紹介させてください。

2018年下期の直木賞受賞作です。

読後感•読み応えがすごい!胸がいっぱいになってしばらく他の本が読めないぐらい。

あらすじ

本土決戦を経験した少年少女が、戦後のアメリカ支配と本土返還までの激動を駆け抜ける。

少年少女だったグスコ・レイ・ヤマコは「戦果アギヤー」だった英雄の存在を胸に、それぞれが「故郷」と「英雄」の奪還に動き出す。

戦果アギヤーとは

戦果アギヤー(せんかアギヤー)とは、アメリカ統治下時代の沖縄県で発生した略奪行為。「戦果をあげる者」という意味である。
元来は沖縄戦のときに、敵のアメリカ軍陣地から食料等を奪取することを指していた。
戦後になり、生活基盤を失った多くの住民はアメリカ軍からの配給に頼っていた。そんな中、戦争中の名残でアメリカ軍の倉庫から物資を略奪することが横行した。
アメリカ軍は倉庫の警備を強化したものの、民警察(後の琉球警察)は積極的に取り締まらなかったので、略奪者は益々大胆となり、その数も増加の一途を辿った。
これらの犯罪者は後に組織化し、沖縄県の暴力団を形成することになった。

Wikipedia

要するに、物盗り犯罪者。が!物資が不足していた戦後、かつての敵国から色々とかっさらって配給してくれる戦果アギヤーは、地元民のヒーローだったようだ。少なくとも『宝島』ではそのように描かれている。

沖縄人、魂の物語

フィクション、だけど時代背景は事実

本作はフィクション。とは言え!時代背景は史実に基づいている。実際にあった事件、人物が登場する。

恥ずかしながら歴史知識が乏しい私は、読みながら事件と人物を検索しまくることになった。(別に検索しなくても『宝島』を読むのに支障はない)

沖縄の歴史は「知ってる」だけ?

本土決戦、アメリカ支配、そして返還という歴史があるのはもちろん知っていた。日本へ返還された今も基地が残っていることももちろん知っている。

でも、知っているだけだった。

沖縄の人たちがどう思ってきたか、何を願ってきたかは置き去りになっていた。

だってさ、「沖縄」て聞いたら何を想像する?

「青い海!広い空!肌を焦がす太陽!あぁ!!旅行行きたーい!!!」

と、思う人も多いだろう(私もそうでした)

たった70年ほど前、戦場になった場所なのに。

知らん振りはやめよう

悲しい記憶のある土地を、観光地として解放した沖縄人の心の強さを尊敬する。地元民の努力だと思う。だからこれからも沖縄を観光地として楽しんでいいと思う。

同時に、今も続く基地の問題を知らん振りするのはやめよう。

簡単に賛成•反対を表明できる問題じゃないから、まずは知るところから。

『宝島』は歴史書ではないけど、興味を持つきっかけとして読んでみてほしい。

読んでくれてありがとう。

ほんじゃあね!

スポンサーリンク
WPその1
WPその1