澤村伊智『恐怖小説 キリカ』|現実と小説の境目はどこ?

こんにちは、なぎさです。

今日は澤村伊智さん著作『恐怖小説 キリカ』をご紹介します。

サスペンスホラーですよ。

動画でサクッと紹介

2分12秒であらすじ&感想を紹介しています↓

[書籍紹介]澤村伊智『恐怖小説キリカ』

あらすじ

応募した小説「ぼぎわん」がホラー大賞に選ばれた香川。ペンネームは「澤村伊智」にした。妻のキリカも香川のデビューを喜んでくれた。

デビューが決まってから友人の一人の様子がおかしい。やがて友人から執拗な嫌がらせを受けるようになる。

家へ直接的に嫌がらせをしてくる友人に、キリカと香川の秘密がばれてしまい・・・

作者の私小説…?

主人公は「澤村伊智」のペンネームでホラー大賞を獲った香川。つまり作者ですね。本名が香川かどうかは定かでないけれど。

ホラー大賞授賞式の様子も描かれていて出席していた実在の大物作家の様子もあります。この描写はフィクションなの、それともノンフィクションなの?!と変なところで真実が気になってしまいました。

とにかく、この小説は澤村伊智さんの私小説風に描かれているのです。

だからこそ、怖い…

どこまで本物なの?と思うわけです。

もちろんフィクションだけどね。全部が本物だったら澤村さんはとっくの昔に逮捕されてる、はず・・・

私小説+サスペンスホラー あとスプラッター

作者の日常生活の中に少しずつ狂気が紛れ込んできます。その狂気が全貌を表し、それに従って物語もサスペンス一色になります。

最初はキリカと仲睦まじく暮らしてたのに…でも、こういう日常と紙一重のサスペンス、嫌いじゃない。へへ

だけども、途中からスプラッターな描写がたくさん出てくるから、苦手な人は要注意です。

読後のあなたの行動を予言します

『恐怖小説 キリカ』を読み終わった後、あなたは、過去の、とある行いを振り返らざるを得ないでしょう。

予言が当たるかどうか、試してみてね。

恐怖小説 キリカ [ 澤村 伊智 ]

created by Rinker

気になったら読んでみてね~

ほんじゃあね~!

▼関連記事

本記事では独断と偏見によるおすすめホラー小説をご紹介します。ほんのりホラーから猟奇ものまでご堪能下さい。