小坂流加『余命10年』ただの恋愛小説じゃない。生きるってなんだ。読んでて苦しくなる

こんにちは、なぎさです。

本日は小坂流加さん著作『余命10年』をご紹介します。

ジャンルは恋愛小説に分類されていますが、生きるってなんだ、を若者に問う物語でした。読んでて苦しかった…でも一息に読んでしまった。

あらすじ

茉莉(まつり)は二十歳にして不治の病に罹患する。その病を患って10年以上生きた人はいない。余命10年。10年は何かをするには長いのか、短いのか。

未来に諦めをつければ死ぬのも怖くない。目の前の趣味に没頭し、恋はしないと決めた茉莉だが・・・

著者の背景

文庫本を開いた装丁カバーの折り込み部分、作者プロフィールが記載されていることが多い。『余命10年』も小坂流加さんのプロフィールが記載されていた。

本作の編集が終わった直後、症状が悪化。刊行を待つことなく、2017年2月逝去。

『余命10年』より

『余命10年』というタイトルと、小坂流加さんのこのプロフィール。

読み始める前からもしかして、とは思った。

読後、あまりに具体的な死へ向かう描写に思わず調べずにはいられなかった。

著者・小坂流加さんの死因は、主人公・茉莉と同じなのか?

調べた結果、公式発表はないため真相は分からない。

ただ、お医者さんが書いた興味深いブログは見つけた。

この方は作中の病状描写から小坂流加さんと主人公が同じ病気だったろうと予想している。

読んでて苦しい…

読んでて苦しかった。でもページをめくる手を止められなかった。

著者の体験談も多く含まれているかもしれない、と思いながら読んだから余計辛かった。

余命10年。絶対添い遂げられない二人は…

『余命10年』というタイトルなのに、ジャンルは恋愛小説。こんなの絶対悲恋しかないじゃない。

好きになってしまった、お互い想いが通じてしまった。相手は10年先も生きていく。真実を伝えるのか、伝えた上でどんな選択をするのか。

私たちが期待するような添い遂げ方はではないけど、ラストではずっと寄り添う二人が描かれています。

逃げてて甘い自分を認識して辛かった

茉莉は苦しんで泣いてもがいてそれでも精一杯生きようとしていて。

それに比べ私は…という気持ちを抱いたのも苦しくなった要因の一つ。

茉莉が余命10年を認識してからの20代、その20代を今まさに私も生きている。

私が精一杯やったことってなんだろう?何かと向かい合って生きてきただろうか…

2007年に単行本で刊行

刊行を待つことなく逝去、との記載は文庫本に関してのこと。単行本ではすでに2007年に刊行されている。

小坂流加さんが自分の物語が書店に並んでいる景色を見ているといいな、そう願わずにはいられない。

ところでこの単行本『余命10年』だが、高額で出品されている。

Amazonで¥24,723

プレミアがついてるんやろうか…?

読むときは、心して

さて、わざわざ書くまでもないですが、この物語は読みながら泣きますよ。

悲恋に涙するだけじゃない。やっぱり若くして余命宣告を受けるって悲しいよ、苦しいね。ぐちゃぐちゃになるんね。

読み手も心をかき乱される作品。読むときは、心して。

死ねるもんなら、死んでもいいや。生きるの面倒だ、疲れた。

そんな風に思っているあなた、もしかしたら心境がほんの少し変わるかもしれない、ぜひ本書を手に取ってほしい。

小坂流加さんの想いがこれからも読み継がれますように。

ほんじゃあね