『読むよむ書く』重松清|手元に置いておきたいブックガイド

こんにちは、なぎさです。

本日は、小説ではないのですが、重松清さんの『読むよむ書く』をご紹介します。

読書好きが手元に置きたくなるブックガイドです。

動画でサクッと紹介

動画で『読むよむ書く』を紹介しています。3分半の動画です。

読書好き必見、手元に置いときな『読むよむ書く』重松清

重松清さんが選ぶ、50冊

重松清さんは小説家としても有名ながら、元々はフリーライターから出発し、約三十年間で百本近い解説を書かれています。

本書ではそのうちのおよそ半分、50冊を厳選し、当時の解説をなるべくそのまま掲載しています。

新しい本と出合うもよし、『そう読むか!』と唸るもよし

本書の楽しみ方は二つ!

一つ、「何読もうかな?」と迷ったときにブックメニューのように使う。

二つ、読了済み小説の解説を知り、違う視点での読み方を味わう。

すでに読んだ小説の解説を読む

二つ目の楽しみ方はなかなかおすすめ!50冊もあれば何冊かはきっと読んだことある本があるはず。

読書って一人でするけど、読み終わった後は感想を語り合いたくなるじゃない?でもすぐそばに同じ本を読み終えた人がなかなかいない!

そんな時、本書の中に該当の解説があるかもしれませんよ。

物語の読み方に正しいも間違いもなくて、同じ物語を読んでもみている世界が違ったりしておもしろい。その違いがそのまま個性なんやろう。

他の人の解説、感想を読むのは、その小説の世界がさらに広がるようでわくわくするでな!

ということで、気になったら手元に取り寄せてね。すてきな読書ライフを!

読むよむ書く 迷い多き君のためのブックガイド[本/雑誌] / 重松清/著

created by Rinker
¥2,420 (2019/11/18 02:40:16時点 楽天市場調べ-詳細)

ほんじゃあね!