池井戸潤『ノーサイド・ゲーム』ラグビーで泣くなんて

こんにちは、なぎさです。

本日紹介するのは池井戸潤さん著作『ノーサイド・ゲーム』です。

TBS日曜劇場にて絶賛ドラマ放映中!!!(2019年8月現在)

動画でサクッと紹介

動画で『ノーサイド・ゲーム』を紹介しています。5分13秒の動画です。

ドラマ絶賛放映中!『ノーサイド・ゲーム』池井戸潤

あらすじ

トキワ自動車 経営企画室の先鋭・君嶋は、役員との対立が原因で横浜工場へ左遷の憂き目にあう。

総務部長として横浜工場へ着任した君嶋は、ラグビー部アストロズのゼネラルマネージャーを兼任する。

ラグビーど素人の君嶋にゼネラルマネージャーが務まるのか?

ラグビー界からは「素人のくせに」と言われ、トキワ自動車社内からは「赤字垂れ流しのお荷物部」と言われ。

それでも君嶋は、熱意を抱きアストロズ再生を誓う!

ラグビーだけじゃない。池井戸節炸裂

池井戸潤さんの著作と言えば己の利益をむさぼる社内政治を叩き切る様が気持ちいい。読んでてすかっとする。

ご安心ください、本作でもありますから。

ラグビー場での戦いと並行して、腐った組織に君嶋がメスを入れていきます。

その過程で「この人ええひとやったんかーい!そっちが黒幕かーい!」となるのもまた楽し。ドラマでもここのどんでん返しは楽しかろう、楽しみです。

第二の主人公、柴門監督

『ノーサイド・ゲーム』は柴門監督なしには語れないのです!

新生アストロズの監督として、君嶋が呼びこんだ監督です。

選手一人一人と全身全霊で向き合う監督、めっちゃかっこいい。むしろ主人公の君嶋さんよりカッコいいのですが!

泣き所はラグビー

読みながら何回か泣きました。全部ラグビー関連のシーンでしたよ。

最後の試合シーンは言わずもがな。

まずは柴門監督、就任シーンですよ。読んだ人にだけ伝わるように書きますが、

選手陣全員の拍手の中、予告なく現れた柴門監督。(手紙の伏線もよかった)

もちろん盛り上がるチームメイト、そして高らかに優勝争い宣言っ!

いや、かっこよすぎやないですか!!!ドラマでそのまま再現してくれなかったのなんでなん!!!

あとね、柴門監督初シーズンの初回試合。

このシーンはドラマでも再現されてましたね。

もうすぐ始まる試合、いつもと違う雰囲気に気付いてスタンドを見ると…!

このシーン好きな人はね、絶対原作読んだ方がいいですよ!!!

原作では試合前練習で気付いて、その後ロッカールームでゲーム前ミーティングがあるんですけど、キャプテン岸和田の言葉に泣いちゃう…

ノーサイド・ゲーム [ 池井戸 潤 ]

created by Rinker
¥1,728 (2019/08/25 10:55:41時点 楽天市場調べ-詳細)

ドラマの続きも楽しみ♪(ドラマ嵌まってる人はぜっっっっったい原作も読んだ方がいいですよ、この作品は!!!)

読んでくれてありがと!ほんじゃあね!