井上章一『京都ぎらい』関西人「これやから京都人は」

こんにちは、なぎさです。

関西人です。

著者、井上章一さんは京都生まれ京都育ち。

なのに『京都ぎらい』。関西人なら読まねばと思い、読んで納得、これやから京都人は!

概要

著者の「洛外コンプレックス」を中心に語られています。

皆さんご存知でしょうか、京都市には「洛中・洛外」があります。

京があったエリアが「洛中」。それ以外は京都市内でも「洛外」。

宇治、山科、嵯峨とかは洛外なんですって。

京都外から言わせてもらうと「どこまでが洛中でどっからが洛外なんだよ、京都市に住んでたらみんな京都人だよ」という認識ですが、地元民にしてはそうもいかないそうで。

洛外の田舎者なんて」と言う洛中と、そんな洛中に下げずまれ続けてきた洛外。

洛外京都市民のコンプレックスは相当なもの(らしい)。

いわゆる「京都人」は洛中

「プライドが高い皮肉屋」こと京都人とは洛中に住む人のことを言うんですって。

だから洛外に住む著者は京都人ではないそうな。

冒頭で「著者、井上章一さんは京都生まれ京都育ち」と記載しました、井上さん曰くがこれは違和感があるそうです。「京都生まれ京都育ち」ならOK!

こういうのって洛外に住む人たちの洛中への憧れ僻みなのかな、と思いきや、洛中の人は憚らず洛外を馬鹿にするらしい。

「洛外ww京都面しなやこの田舎者www」みたいな。

コンプレックスって他人から見たらどうでもええことやねんな

本書ではこれでもかと洛中への僻み恨みが切々と語られていますが、京都外から見ると「洛外と洛中の境目すら分からん」、つまりは「まとめて京都市民でええやん」という正直な感想。

まぁ京都を目の敵にする関西勢から言わせてもらうと「京都人の器ちっせぇ!」という格好のネタでもあります。

(作中では「京都人」つまり洛中を馬鹿にする大阪勢を応援する心境がありつつ、洛外に住む自分も「京都人」として指さされる悲しさを、作者は訴えていました)

京都人にとっては大事な洛中/洛外問題も、外から見れば些細なこと。

洛外コンプレックスに限らず、すべてのコンプレックスにあてはまることなんかなって。

私が抱くコンプレックスも他人からみたらどうでもええこと。

やっぱり京都人っていけずやなぁ思うけど、前向きなコンプレックス見解を与えてくれてありがと!え、これも皮肉になる?

とりま関西人は読んでみんしゃい、おもろいで~

京都ぎらい/井上章一

created by Rinker
¥836 (2019/11/21 16:29:18時点 楽天市場調べ-詳細)

▼こういう関連本もあります。気になる・・・

ほんじゃあね!