万城目学『鴨川ホルモー』声に出して笑った

こんにちは、なぎさです。

本日ご紹介するのは万城目学さん著作『鴨川ホルモー』です。

「ホルモォォォォォォォ」の文字列を見る度、笑ってもうたわ。

あらすじ

二浪して京大へ入った主人公・安倍。

貧乏学生らしく新歓コンパ巡りに勤しむ毎日。

その日もタダ飯目的で参加した「京大青竜会」のコンパ。

そこで安倍は一目惚れをし、なし崩し的に青竜会へ入部。

こうしてホルモーに明け暮れる大学生活が確定した。

ホルモンじゃなないよ、ホルモー

ホルモーなんやねんて思いますよね。

まぁ読んでもらったらすぐ分かりますから。

古の街、京都。怨念や人ならざる者が住まうこの街やからこそ成り立つ遊びですよって。

遊び?

誰にとっての遊びなんやろぅな~

実在の祭りに実在の大学

タイトルから分かる通り、舞台は京都です。

鴨川以外にも京都の地名・神社、たくさん出てきます。

さらには葵祭に祇園祭宵山。実在の祭りが大事な役割を果たします。

さらにさらに、京都大学、京都産業大学、龍谷大学、立命館と、関西人には馴染みのある大学生がずらり。

何で大学がこんなに必要なのかと言うと、だって大学対抗戦ですから。ホルモーは。

とにかく笑った

京都に興味無い人も、愉快になりたきゃとりま読みまひょ!

電車の中で一人読んでて、忍び笑い漏らしてしもうて恥ずかしかったです。

ホルモォォォォォォォ!

鴨川ホルモー (角川文庫) [ 万城目 学 ]

created by Rinker
¥604 (2019/09/23 01:07:22時点 楽天市場調べ-詳細)

読んでみてね!

ほんじゃあね

追伸:映画化もされてるよ

2009年に山田孝之さんの主演で映画化されています。

濱田岳さんと栗山千明さんも出演しています。

この原作、このキャストならば映画もさぞ笑えるでしょう!