宮部みゆき『昨日がなければ明日もない』杉村三郎シリーズ

こんにちは、なぎさです。

本日は宮部みゆきさん著作『昨日がなければ明日もない』をご紹介させてください。

宮部ファンおなじみの杉村三郎シリーズです。

あらすじ

一冊を通じて話は繋がっていますが、三作の中編から成っています。

杉村三郎が運営する探偵事務所に舞い込んだ、3件の依頼。

「絶対零度」:自殺未遂以降、音信不通になった娘を心配する母親。娘さんの所在を探るうちに悪質な事件が浮かび上がる。

「華燭」:ボディガードとして結婚式同行を依頼された杉村。しかしこの結婚式、花嫁はワケアリで…

「昨日がなければ明日もない」:自己中なシングルマザーの自己中な依頼。シンママに手を焼く親族は杉村の調査に協力的。すんなり調査は終わったが。

杉村三郎シリーズ

みなさん杉村三郎をご存知ですか。

別に知らなくても本書『昨日がなければ明日もない』は楽しめます。

でも、知っているともっと楽しい。うふふ

2003年の『誰か』を皮切りに続く人気シリーズ。2018年までに発刊された5作をまとめました。

杉村三郎シリーズは本作で5作目。この5冊の間に杉村太郎は数多の事件と妻の浮気・離婚・転職を経験。

波乱万丈な人生ですがひとまず本書では個人探偵事務所の運営に腰を落ち着けているようです。弱小事務所だけど・・・

杉村三郎シリーズではいつも毒を感じる

「毒」と言ってしまうとシリーズ二作目の「名もなき毒」を連想しちゃいますよね~。

あれは読み易いし身近な物語でした。みなさんも「毒」抱えてると思いますよ?

本作でも毒をビシバシ感じます。

人の心のいや~な部分、クローズアップされています。

嫌な部分が他人の嫌な部分に共鳴して連鎖反応的にいや~な出来事が起きる。

でも認めざるを得ないんですよ、私の心にもこういう嫌な部分あるよねぇって。

あぁやだやだ!

伏線はすべて回収!なのにこの読後感

宮部みゆきさんの探偵ものは伏線もきっちり回収、もやっとしたところがなく終わるので楽しいです。よね?

でもなんでしょう、この読後感。べたっと心に残るのは。

多分、毒が関係してます。

自分の心の中の毒を認識しちゃったからべた付くんだと思います。

あなたは自分の毒と向き合えそうですか?

ぜひお試しあれ。いひひ・・・

昨日がなければ明日もない [ 宮部 みゆき ]

created by Rinker
¥1,782 (2019/09/23 20:16:29時点 楽天市場調べ-詳細)

読んでくれてありがと。ほんじゃあね!