『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼

こんにちは、なぎさです。

今回は相沢沙呼さん著作『medium 霊媒探偵城塚翡翠』をご紹介します。

2020年本屋大賞ノミネート作品です。

読了後の方はこちら

ネタバレもりもりの感想シェア動画をご覧ください!

[書籍紹介]『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼

あらすじ

世間を震撼させている「連続女性殺人事件」。

今までも事件を解決に導いたことがある作家の香月に、遺族から「犯人を突き止めてほしい」と依頼があった。

香月が事件を解決できたのは霊媒師•城塚翡翠の力によるところが大きい。

香月と翡翠は事件を解決に導けるのか。

ネタバレなしで魅力を語るよ

ザ・推理小説です。

相沢さんの推理小説愛を感じる。

読み始める前に口コミで「最後に伏線全部回収される」とは聞いていました。

いや、まったくその通り。回収の勢いすごいわ。

だからこの本は最後まで読まないと意味ないですからね。

読中に「そんなにすごい推理小説じゃなくない?」って思っても最後まで読むんですよ。

途中までは『屍人荘の殺人』(今村昌弘)と似てるなぁと思ったりしましたけれども。

剣崎比留子のチートぶりと美女ぶり、そしてどっか抜けてるっていうキャラもね。

でも剣崎比留子と城塚翡翠は違うね、まったく。

城塚翡翠の方が女性人気は高いでしょ?

あんまり詳しく言うとネタバレになるのでこの辺にしておきましょう。

一度読み始めたら必ず最後まで読むこと!

いいですね?

最後まで読んでくれてありがと。ほんじゃあね!